赤ちゃんのミルク作りはミネラルウォーターよりウォーターサーバーがおすすめ

赤ちゃんミルクにはウォーターサーバー赤ちゃんのミルクをつくるには、水道水を沸かしてつくるって人が多いと思います。しかし最近は、水道水をミルクに使うことに抵抗がある人も増えているようです。やっぱり放射能とか、ちょっと失敗になるようなニュースも多いですからね。

水道水以外でミルクを作るとなると、ミネラルウォータ-かウォーターサーバーを選ぶことになります。

ミネラルウォータ-のメリット、デメリット
ミネラルウォーターのメリットは、コンビニやスーパーにいけば、すぐに手に入るところでしょう。デメリットは、買って買えるのが重いこと、保管するのに冷蔵庫の中が邪魔になることなどでしょう。それとこれがミネラルウォーターの一番大きな欠点なんですが、水の硬度がいろんな種類のものが販売されているため、赤ちゃんに合った水を探すのが難しいこと。間違って赤ちゃんにあっていない水でミルクを作ってしまうと、赤ちゃんが体をこわしてしまう原因となります。赤ちゃんの体は、とってもデリケートなので、大人と大人にとっては役に立つミネラル成分も、赤ちゃんにとっては、取り過ぎはNGです。体に負担とかける原因となります。特に外国産のミネラルウォーターには、マグネシウムやカルシウムなどが過剰に含まれているものが多いです。もともと粉ミルクにもマグネシウムやカルシウムが配合されています。なので、ミネラルウォーターを選ぶときには、ミルク作りにあっているかどうか、しっかり確かめることが大切です。

ウォーターサーバーのメリット、デメリット
その点、ウォーターサーバーは、最初から赤ちゃんのミルク作りに配慮してあるものが多いです。ウォーターサーバーを導入するきっかけは、ダントツで赤ちゃんのミルク作りっていうご家庭が多いですからね。ですので、ウォーターサーバーの業者は、赤ちゃん用のプランがあるところを選ぶといいでしょう。
ウォーターサーバーを導入すると、水の入ったボトルを自宅まで届けてもらえるので、重いミネラルウォーターを買って帰る苦労から解放されます。
お湯がすぐに出てくるので、深夜のミルク作りもすぐできます。ほ乳瓶に、粉ミルクを入れて、ウォーターサーバーのお湯を入れれば、あとはこれまたウォーターサーバーの冷水で冷ますだけ。ぐずる赤ちゃんに、とても早くミルクを与えてあげれます。夜中に近所の迷惑を気にする心配も少なくなりますよ。



一押し記事一覧